インプラント特徴の情報

HOME | SITEMAP

トップ

新着情報

インプラントと他の治療法の比較

インプラントは歯茎の内部にある骨に対して、直接金属を埋め込む事で人工の歯を装着する治療法です。歯が欠損している場合の他の治療法としては、ブリッジや入れ歯が代表的です。しかし、ブリッジや入れ歯では歯の根元部分が存在しない為、噛みやすさに違和感を感じたり歯ががたつく症状が出る可能性もあります。インプラントは歯茎に対して完全に歯が固定されるので、より自然な感覚で物を噛むことができる先進医療として注目されています。ただし、他の方法よりも1本の歯に対して高額な治療費を必要とする点がデメリットとなっています。

歯の先進医療といえば

何らかの理由で歯を失う人は少なくありません。現在、歯の先進医療といえばインプラントがあります。従来のものと何が違うのかといえば、人工の歯根を使う点が違います。従来のものは、周りの歯で支えてもらう形をとっていますが、人工の歯根を使うので他に支えてもらう必要がなく、より自然に近い形になっているので入れ歯のように違和感を感じることほぼないものがインプラントです。ですが、まだ保険適用外なので費用が高額になります。もちろん、その分快適な生活ができることは間違いありません。見た目もきれいに仕上がるのも特徴の一つです。